風力発電、2020年代初めに能力3倍に [有料会員限定]

 欧米や中国に比べ導入が遅れてきた日本の風力発電が、今後数年で急増する。大規模風力発電所に義務付けられた環境影響評価(アセスメント)を終えた案件が次々着工する見通しだからだ。日本風力発電協会(東京・港)によると、2015年末で303万8千キロワットの発電能力は20年代初めにも1000万キロワットと約3倍になる。原子力発電所10基分に相当する。

 例えばグリーンパワーインベストメント(東京・港)は青森県つがる市で12万6千キロワットの発電所を計画。Jパワーは北海道せたな町で5万キロワットの施設を予定している。

 12年10月から、出力1万キロワット以上の風力発電所計画は鳥類への影響などを調査する環境アセスが義務付けられた。新規開設は滞り12年度から15年度までは年平均15万キロワットしか増えなかった。環境アセスが完了するには最低4年程度かかるとされている。12年度に着手した案件も16年度には終わり、立ち上がってくるとみられる。風力発電協会は16年、17年に各30万キロワット以上の新設発電所が運転を始めるとしている。

 

2016年6月2日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ