電気自動車: EV充電器に太陽光パネルと蓄電池を併設、災害時には電力供給ポイントに

電気自動車やプラグインハイブリッド車の普及に向け、市内への充電インフラの整備を進めている京都府京丹後市で、京セラが新たに3カ所に充電ステーションを設置した。充電器だけでなく太陽光発電システムと蓄電池を併設することで、災害などの非常時のも電力供給ポイントとして利用できるようにした点が特徴だ。

 

2015年11月26日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ