電気料金 9月は6社が値上げ ガス4社も上昇  太陽光&蓄電池で対策

 大手電力会社10社のうち6社が9月の家庭向け電気料金を8月よりも値上げする見通しであることが20日、分かった。燃料となる液化天然ガス(LNG)や石炭の価格が上昇傾向にあることが要因。都市ガス全4社も値上げが見込まれる。

 標準的な家庭の月額電気料金の上げ幅は、中部電力の29円程度が最も大きい。8月に抜本的な値下げをする関西電力も9月は26円程度上昇。次いで東北電力が16円、東京電力が15円、九州電力が8円、中国電力が5円程度の値上がりとなる。

 ガス料金の上げ幅は大阪ガスが22円、東京ガスと東邦ガスがいずれも21円、西部ガスが14円程度となりそうだ。(共同)

 

2017年7月25日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ