電力自由化はプラスに働くのか?ー諸外国の事情は?

ここにきて、自由化によって競争が起こることで電気料金が安くなるとは限らないばかりか、様々な問題が発生するのではと諸外国の例から心配する声を聞くようになりました。
電力のような基幹産業での競争は、必ずしもいい結果を生まないことが海外の事情からも読み解けます。

●アメリカでは
10年前の自由化以降、停電が頻発するようになり、電気料金が2倍になったところもあると言います。
州によって大きく異なるようですが、カリフォルニア州では、完全自由化ということで、自然エネルギーや再生可能エネルギーの買取りを義務化し、電気料金の値上げを禁止しました。

 

2016年2月11日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ