電力供給サービス: 電気料金の値下げを見送る関西電力、コスト高い石油火力を使い続ける非効率 (1/2)

関西電力は5月に実施する予定だった電気料金の値下げを見送った。大津地方裁判所が再稼働禁止の仮処分命令を出したためだが、関西電力が見過ごしている重要な点が2つある。1つは仮処分を申請したのは関西電力の顧客であること、もう1つは発電コストの高い石油火力を使い続けている問題だ。

 

2016年3月15日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ