雪国でも意外と人気の太陽光 メーカーも熱視線

北陸地方で記録的な大雪を観測するなど、この冬は全国的な大寒波に襲われている日本列島。雪が降っているときには太陽光はほとんど発電しない。だが、雪の多い地域でも意外と住宅の太陽光発電の導入が進んでいる。その背景や、積雪地帯での導入の注意点を探った。

総務省の調べによると、全国の住宅での太陽光の普及率は3%。やはり西日本の普及率が高いが、宮城県や長野県など寒冷地でも3%を超えている。固定価格買い取り制…

 

2018年2月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ