集合住宅の省エネ支援 環境省概算要求、太陽光発電などに補助金

環境省は家庭からの温暖化ガスの排出削減を促すため、2018年度から低層マンションやアパートの省エネルギー化を促進する仕組みを導入する。太陽光発電設備や断熱性の高い窓を備えたり、新しい建材を使ったりする省エネ対策を伴う新築や改修に補助金を出す。従来の支援は戸建て住宅だけで、マンションなどは対策が遅れていた。

2018年度の概算要求に62億円を計上する。経済産業省、国土交通省との連携事業で取り組む。

低層マンションなどのうち、エネルギー収支を実質ゼロにする「ゼロエネルギー住宅(ZEH)」に匹敵する省エネ性能にする場合が対象となる。新築や改修の費用を22年度まで1戸あたり70万円支給する。戸建て住宅についても19年度まで同額を出す。

今年度までは、経産省が戸建ての注文住宅をZEHにする場合の新築や改修を補助してきた。18年度からは環境省が中心となり、低層マンションなども対象にする。18年度に合わせて7000戸程度を支援する。

 

2017年8月31日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ