関電が熱望する11月の大団円 原発再稼働で際どい二正面作戦 

 11月中の高浜原子力発電所(福井県)3号機の再稼働を目指す関西電力が、際どい二正面作戦を展開している。再稼働を差し止めた福井地裁の仮処分を覆すための司法手続き「審尋」と、再稼働に備えた原子力規制委員会による検査手続きの同時進行。11月の大団円を目指すが、先行きは不透明だ。10月には事態が若干だが展開するかもしれない。関電にとっては悪い方向に…。

 

2015年10月5日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ