関西電力の大幅再値上げに企業から怨嗟の声 「節電に限界」、「工場移転を検討」との声も

関西電力が、2015年4月から家庭用で平均10.23%、企業向けで平均13.93%という電気料金の再値上げを申請している。

東日本大震災後、原子力発電所の稼働停止を理由に、12年に東京電力が先陣を切る形で関電を含む電力7社が改定値上げを実施。さらに、14年に入って北海道電力が11月に再び値上げに踏み切り、関電もそれに続くこととなった。

 

2015年2月8日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ