都知事選 「原発」論戦の対象から外れ 主要3候補第一声

「原発ゼロ」を前面に打ち出し、小泉純一郎元首相が協力したこともあって話題となった。当選した舛添要一氏は選挙戦で五輪の成功や社会保障を中心に訴えたため争点にはならなかったが、舛添氏の211万票に対し、宇都宮氏と細川氏合わせて193万票を獲得するなど、投票行動に一定の影響を与えた。

 

2016年7月26日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ