農地に太陽光パネル 江南区、作物栽培と発電両立 新潟

農地に太陽光パネルを設置し、農作物も栽培する「ソーラーシェアリング」が新潟市江南区で動き出した。今後3年で農作物を安定的に生産しながら、売電収入を得られるかを調べて実証する。同市西区や秋葉区でも同様の計画が動いており、県も農業経営基盤を強化する選択肢を広げる試みとして注目している。

 

2014年8月10日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ