車庫で住宅用太陽光発電を増設 10kW超えても買取価格維持&20年に延長

すでに屋根などに太陽光発電システムを設置している住宅で10kWに満たない出力でも、同製品を設置することで10kW以上に補える可能性がある。増設し10kWを超えても全量売電を行うことはできず、住宅で使用し余った電力を売る余剰売電のままだが、2014年12月現在の固定価格買取制度では、これにより売電期間が10年から20年に延び、増設した太陽光発電パネルによる電力も契約当時の買取価格が適用されることになる。

 

2014年12月11日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ