資源エネルギー庁、太陽光発電設備の調達価格適用について注意喚起

 資源エネルギー庁は11月27日、2015度中の固定価格買取制度に係る設備認定について注意喚起を発表した。そのうち、太陽光発電設備の調達価格については、発電設備の認定を受けて電力会社との接続契約が締結された日の調達価格が適用されるため、2015年度の調達価格適用を受けるには、電力会社との接続契約の締結までに要する期間を考慮する必要があることを指摘した。

 

2015年12月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ