買い取り制度改革は前向きに! 太陽光発電はまだこれから

筆者は、本稿2013年10月7日号で「2015年問題」についてコメントしたのだが、その前に「2014年九電ショック」が来てしまった。10月1日現在、九州電力の他、北海道、東北、四国、沖縄の合計5電力が、再エネ発電設備に対する新規接続契約を一時的に停止している(家庭用の太陽光は保留対象外)。日本中に衝撃が走ったのだが、混乱はまだ終わらない。

 

2014年10月24日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ