衛星データで日射量を把握 太陽光発電に活用

気象衛星「ひまわり」の観測データに基づき、地上に届く太陽光の量を高い精度で把握する技術を、東京大学大気海洋研究所の中島映至教授らのチームが6日までに開発した。太陽光発電を大規模に導入する場合に不可欠とされる発電量の予測に活用できるという。

 

2014年10月6日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ