蓄電池活用で太陽光自家消費 九州電力と三井物産が実証実験

九州電力(福岡市)と三井物産(東京都千代田区)の2社は、2019年11月以降のFIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)買い取り期間満了を見据え、家庭用太陽光発電設備を所有する顧客に対し、売電していた電力の一部を蓄電池に充電し、自家消費を促進することで電気料金を低減させるサービスの実証実験を開始する。また、VPP(バーチャルパワープラント)などの技術的知見獲得を目的に、複数の蓄電池を遠隔制御する蓄電池群制御システムの実験もあわせて行う。実験期間は、2019年春頃より1年程度を予定。

将来的には大規模な蓄電池群制御の実現により、需給調整市場での活用や電力系統安定化などの新たな事業やサービスの展開を目指すとする。

 

2018年11月29日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ