蓄電池の時代: 太陽光発電が増えた九州に新たな課題、夏の19時台に電力が厳しくなる (1/4)

今年の夏も九州地方の電力は問題なく供給することができた。原子力発電所が運転していない状況でもピーク時の需給率は90%以下に収まったが、太陽光発電の増加によって新たな課題が明らかになった。昼間の電力は十分に足りても、夜間の19時台に需給率が95%を超える日が発生した。

 

2015年10月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ