蓄電池で対策 新幹線停電トラブル 架線張り替え完了

 JR東海は新幹線の停電トラブルがあった架線の張り替え作業を行い、23日朝から通常運転をしています。

 午前0時半過ぎ、大阪府高槻市の架線が断線した場所に作業用の車両が入り、架線の張り替え作業が始まりました。架線は断線した地点を含む約1200メートルが張り替えられ、午前4時15分に復旧作業が完了しました。始発列車が速度を落として通過し、異常がないことが確認されたため、現在は通常運転が行われています。

 一方、架線が切れた理由はまだわかっていませんが、JR東海によりますと、立ち往生した2本の車体の上部には直径約1センチから3センチの穴が9個見つかりました。列車が断線した現場を通過した際に、パンタグラフなどと接触し強い電気が流れたためにできたとみられています。

 

2017年6月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ