蓄電池で対策 千葉・市原などで1200世帯停電 太平洋側で激しい雨

 梅雨前線を伴う低気圧の影響で21日、西日本から東日本の太平洋側を中心に、広い範囲で局地的に雷を伴った激しい雨に見舞われている。気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水、暴風などに注意を呼びかけている。

 同庁によると、四国付近にある低気圧は東北東に進み、21日夜には東北南部の太平洋側に達する見込み。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本と東日本の太平洋側を中心に大気の状態が不安定になっている。特に、西日本では1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降り、大雨となるところがある。

 22日午前6時までの24時間に予想される雨量は、東海で200ミリ、近畿、関東甲信で180ミリ、四国で150ミリ。

 雨の影響で停電も発生。東京電力によると、午後6時半現在、千葉県では市原市や香取市などの約1200世帯、茨城県ではつくば市などの約400世帯、栃木県では那須町の一部世帯で停電している。

 

2017年6月22日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ