蓄電池で太陽光発電の利回り13%

既存の太陽光発電所と、さら地を組み合わせることで、高額FIT権を最大限に生かす製品が現れた。ニプロンの「PV eXpander 100」だ。さら地に太陽電池モジュールを増設、リチウムイオン蓄電池と組み合わせることで、発電した電力を捨てずにためて売ることが可能になった。

 「追加の太陽電池モジュールとリチウムイオン蓄電池を太陽光発電所に導入することで、条件次第ではあるものの、表面利回り13%以上を期待できる。このような日本初の技術を開発した」(ニプロン)。

 どのように利益を上げるのだろうか。「既存の太陽光発電所には買い取り価格40円で運用しているものがある。この権利を利用する。周辺のさら地に太陽電池モジュールを含む新製品『PV eXpander 100(PVX100)』を増設してつなぐ。既設の発電所から数百メートル離れたさら地でも大丈夫だ」(同社)。

 さら地を利用して、独立した太陽光発電所を新たに立ち上げた場合、買い取り価格は21円(税別)にとどまる。ところが、ニプロンの新製品を用いると40円となる。高額FIT権を最大限に生かした形だ(図1)。

 同社は「第7回国際スマートグリッドEXPO」(2017年3月1日~3日、東京ビッグサイト)に、PV eXpander 100を初展示(西1ホール W8-44)。太陽光発電所の計画に合わせて、最適な導入法を紹介する。

利回り13%は実現できるのか

 PV eXpander 100を導入した場合、実際にはどの程度の利益が得られるのだろうか。

 既設の太陽光発電所の出力が1メガワット(MW)、ここにさらに1MWの太陽電池や蓄電池を増設した場合、初期費用は2億9000万円強になる。初期費用にはPV eXpander 100の費用の他、設置工事(太陽電池の架台と電材、蓄電設備の設置費用)を含む。

 既設の発電所の運用開始から1年後、PV eXpander 100を導入したとしよう。大阪府に新設した場合、売電増加量は年間平均98万762キロワット時(kWh)となる。1kWh当たり40円で売電すると、年間売電額は平均3923万465円だ。この結果、表面利回りは13.4%となる。

 

2017年2月28日 カテゴリー: 未分類

 


無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ