自然エネ財団「接続保留の説明責任果たすべき」

自然エネルギー普及に向けて2012年7月から導入されたFIT制度(固定価格買取制度)により、全国で太陽光発電などの設備が急激に増加した。しかし、今年の9月末に九州電力をはじめとする5つの電力会社が、自然エネルギーの接続申し込みに対して「回答保留」などの措置を発表したことで、一部のメディアでも「自然エネルギーバブルの崩壊か?」などとして伝えられ、自然エネルギー事業者に大きな衝撃を与えている。(ノンフィクションライター=高橋真樹)

■「安定した地熱やバイオマスまで一括するのは不可解」

 

 

2014年10月11日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ