自然エネルギー: 2030年に再生可能エネルギー33%へ、原子力にこだわらない環境省の予測 (1/2)

CO2排出量の削減を重視する環境省が再生可能エネルギーの将来予測をまとめた。現行の施策に加えて合理的な対策を実施することにより、2030年には国内の発電電力量の33%を再生可能エネルギーで供給できる想定だ。経済産業省が検討中のエネルギーミックスよりも意欲的な拡大を見込む。

 

2015年4月11日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ