自然エネルギー: 沖縄の下水道でバイオマスと太陽光発電、2カ所の浄化センターに

全国の自治体で下水処理場に再生可能エネルギーを導入する動きが活発になっている。沖縄県は本島に4カ所ある浄化センターのうち2カ所で発電プロジェクトを開始する。下水の処理で発生する消化ガスを使って発電するほか、1カ所では太陽光発電も実施する計画だ。2016年の運転開始を目指す。

 

2014年7月20日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ