自然エネルギー: 太陽光発電で森林を活性化、間伐材をパネルの架台に採用

兵庫県の企業庁が県有地を活用して6カ所目のメガソーラーを稼働させた。発電能力は5MWと大きく、2万枚を超える太陽光パネルの架台に県内産の木材を使った点が特徴だ。地域内で木材の需要を増やすことにより、森林の間伐を促進して防災に役立てる狙いもある。

 

2014年12月15日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ