自然エネルギー: 太陽光発電が増える福島県、固定価格買取制度の認定容量で全国1位に

固定価格買取制度の認定を受けた発電設備の規模で福島県が第1位になった。5月末時点の認定容量が439万kWに達して鹿児島県を上回った。特に太陽光発電が5月に12万5000kWも増加したことが大きい。ただし実際に運転を開始した設備の規模では九州の福岡県がトップを走っている。

 

2014年9月10日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ