自然エネルギー: 太陽光の発電量を予測する新サービス、気象衛星のデータで6時間先まで

日本気象協会は気象衛星「ひまわり」の画像をもとに、日射量や太陽光発電量を独自の手法で予測するサービスを開始した。30分ごとに6時間先までの予測データを発電事業者などに提供する。全国各地を1キロメートル単位でカバーして、発電量の予測が難しい太陽光発電の導入を促進する狙いだ。

 

2015年4月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ