自然エネルギー: 国内の太陽光発電は2030年に1億kWへ、化石燃料を年間1兆円以上も削減

太陽電池メーカーなどで組織する太陽光発電協会が2030年度までの設置状況を予測した。2013年度末で太陽光発電の規模は累計1400万kWになり、さらに2030年度には7倍の1億kWに拡大する見通しだ。火力発電の減少に伴って化石燃料の輸入額が年間に1兆円以上も削減できる。

 

2014年8月20日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ