自然エネルギー: 固定価格買取制度の改正案が決まる、2017年度から価格決定方式を変更 (3/3)

電力の買取義務は送配電事業者に変更
買取価格を数年先まで決定するのと合わせて、買取価格が確定する認定の時期は従来よりも遅くする。現行の固定価格買取制度では、発電設備の要件が決まれば認定を取得することができる。その後に電力会社に接続を申し込み、接続契約を締結してから工事に入る流れだ(図6)。

 

2016年2月14日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ