自然エネルギー: 営農と太陽光発電の組み合わせ、「3つの壁」あり (1/2)

静岡県で農業と太陽光発電を共存させる「ソーラーシェアリング」発電所が立ち上がった。手動でモジュールを回転できる発電所として、全国でも初めて水田の上に設置した事例だという。ただし、計画から運転開始までの道のりは平たんではなく、大きく3つの壁があった。メガソーラーやミドルソーラーなどとは異なる壁だ。設計から施工までを担当した発電マンの岩堀良弘氏に聞いた。

 

2014年6月26日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ