脚光浴びる積水化学のCSR 国境越え植林、全社員参加目指す SankeiBiz 8月16日(土)8時15分配信

地球温暖化対策として太陽光発電システム搭載型住宅の普及が進んでいる。同分野のリーダーが積水化学工業だ。2013年度末までの累計建設棟数は14万2996棟に達し、ギネス世界記録にも認定されているほど。この実績を踏まえ、環境貢献製品を積極投入し国境を越えた植林活動に力を入れるなどCSR(企業の社会的責任)のモデル企業として脚光を浴びている。

 

2014年8月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ