米カリフォルニア州 すべての新築住宅に太陽光パネル設置を義務付けへ

米カリフォルニア州は、2020年1月1日より、すべての新築住宅に太陽光パネルの設置を義務付ける。同州のジェリー・ブラウン知事が、これに関連する法案に署名した。技術系サイト「エンガジェット」が報じた。

スプートニク日本

新しい法律は、高さが3階未満のすべての新築住宅に適用されるが、樹木や建物によって太陽光が遮られる住宅は例外となる。

 

2018年12月11日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ