空を買う時代がくる? NYの地下公園開発で進む太陽光を売るビジネス

最近の都市開発の技術革新は想像を超えてきます。ニューヨークのイーストリバーでは、川の汚水をろ過するプールを浮かべる「+ POOL(プラスプール)」プロジェクトが進行中。同じくニューヨークでは、実際に太陽光が差し込む地下公園「ロウライン」をつくる計画も進んでいます。

ロウラインの建設計画が最初に提出されたのは2011年。当時はニューヨークだけでなく他の都市でもかなり話題になりました。次に盛り上がりを見せたのは、廃線となった線路の高架を再利用した公園「ハイライン」が、ニューヨークにオープンした時です。

 

2015年7月10日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ