福島第1原発で停電 

 東京電力は28日、福島第1原発の一部の設備で同日午前3時40分ごろ、停電が発生し、汚染水から放射性セシウムを取り除く装置や、原子炉建屋周囲の地中を凍らせる汚染水対策「凍土遮水壁」の冷却設備の一部、敷地内の信号機などが停止したと発表した。復旧のめどは立っておらず、詳しい原因を調べている。

 東電によると、溶け落ちた核燃料がある原子炉への注水設備や周辺の放射線量を測るモニタリングポストの値に異常はない。凍土壁の凍結機能や外部環境への影響もないという。

 

2016年6月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ