福島第二原発を廃炉の方向で検討 東電社長

東京電力の小早川社長は福島県の内堀知事との会談で、福島第二原発について廃炉の方向で検討に入ることを伝えました。福島第二原発は東日本大震災で津波の被害を受けましたが、冷却機能が残っていたため、第一原発のような爆発には至っていませんでした。

 

2018年6月15日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ