発電の「環境価値」売買=18年にも新市場-再生エネなど普及後押し・経産省

 経済産業省は、温室効果ガス抑制につながる太陽光、風力などの再生可能エネルギーや原子力を使った発電の「環境価値」を、発電した電力と切り離して売買する市場を2018年にも創設する。発電量に見合った環境価値を事業者や太陽光パネルを持つ家庭が自由に売買できるようにすることで、環境に優しい再生エネなどによる発電の普及を後押しする。

 

2016年9月26日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ