環境・エネルギー業界向け 事業構想プロジェクト研究 説明会

2017年度は環境・エネルギー業界が大きく動く1年になると予想されています。4月には制度開始後初めてとなる法改正を控えている、再生可能エネルギーの固定価格買取制度。2030年に再生可能エネルギーの比率を24%程度にするというエネルギーミックスの実現に向けて、重要な一年になることは間違いありません。

また、エネルギーの適正利用の中で、省エネを推進していくにあたっては、ネガワット取引市場の創設も注目すべき分野です。VPP・デマンドレスポンスの実現化なども事業化レベルが秒読み段階と言えます。中小規模の事業者や一般消費者向けの省エネ推進は、ZEBやZEHによって強力に進めようとしています。こういった中で、多くの企業でエネルギー分野で新規事業を検討し、計画をしています。

一方で、新規事業については、発想・着想や中長期的な将来予測、自社のリソースの有効活用、適切なリサーチ、マーケティング分析といったことが求められ、確実に、短期間で新規事業を立ち上げることは、極めて難しいといえます。『事業構想プロジェクト研究』では、新規事業を立ち上げるための、発想や着想の在り方や、理想的な事業計画の構築まで、経産省をはじめとした制度設計の中心の方や、先進的な実践者などを、ゲスト講師に迎え入れて、1年で事業を立ち上げることを目的とした研究会です。
エネルギー分野では、これまでも、『地域エネルギー』『新電力』といったテーマで開催し、多くの太陽光関連の事業者や、省エネ、環境関連企業が修了しています。

 

2016年12月5日 カテゴリー: 未分類

 


 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ