玄海原発1号機廃炉の基本工程決定、4段階で約30年

 九州電力は、営業運転開始から40年が経過し、廃炉が決定している玄海原子力発電所1号機(佐賀県玄海町)について、30年近くに及ぶ廃炉工程の基本的なスケジュールを決めた。各施設の放射線量などに応じて工程を4段階に分け、各段階を約6~8年かけて進める。年内にもさらに詳細な「廃止措置計画」を策定し、原子力規制委員会に申請する方針。

 

2015年11月1日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ