玄海原発1号機 来週にも廃炉決定

 九州電力は、今年秋に運転開始から40年を迎える玄海原子力発電所1号機(佐賀県玄海町、出力55万9000キロ・ワット)について、来週にも廃炉を決める方針を固めた。40年以降も運転を続けるには、国が新たに設けた基準を満たすために多額の設備投資が必要となり、採算が合わないと判断した。

 

2015年3月13日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ