焦点:日本でも存在感増す太陽光発電、世界的ブーム到来か

[シンガポール/東京 26日 ロイター] – 日本では石油火力発電所の老朽化が進む一方、東日本大震災による福島第1原子力発電所の事故を契機に、総発電量に占める原子力発電の占める割合が低くとどまっている。そうしたなか、太陽光発電が代替エネルギーとして存在感を強めつつある。

 

2015年4月29日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ