法制度・規制: 太陽光発電の買取価格は2015年度も下がる、非住宅用は26円が有力 (1/2)

固定価格買取制度の買取価格の見直しが始まった。焦点になる非住宅用の太陽光発電は1kWhあたり32円から26円へ引き下げる可能性が濃厚だ。住宅用の太陽光も小幅ながら37円から36円へ下がる見込みである。そのほかの風力・中小水力・地熱・バイオマスは現行の買取価格を維持する。

 

2015年1月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ