法制度・規制: 太陽光発電の接続可能量が2種類に、原子力の再稼働を待つ姿勢は変えず (1/2)

2015年1月に始まった再生可能エネルギーの接続に関する新ルールで、地域ごとに「接続可能量」が決められた。実態は電力会社が太陽光発電の導入量を抑えて原子力の再稼働に備えるための対策だ。政府は接続可能量を定期的に見直すとしていた当初の方針を転換して2種類の算出方法に変更する。

 

2015年10月14日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ