水道代、地域格差10倍 老朽化・人口減、各地で値上げ 花野雄太、編集委員・堀篭俊材2015年9月7日07時47分

 水道料金の値上げが各地で相次いでいる。老朽化で水道管などの維持改修費がかさむ一方、人口減で料金収入が減り、水道事業の収益が悪化しているためだ。家庭の水道料金は20年で約2割上がり、自治体間では10倍近い料金格差もある。広域的な水道統合で収益の改善を図る動きも出ているが、課題も多い。

 

2015年9月7日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ