水道や商用電力の不要な水洗トイレ、太陽光と蓄電池搭載で

ニシム電子工業(福岡市)は2月1日、太陽光発電とリチウムイオン電池を搭載し、水道や電気などのインフラが不要で、汚泥が発生しない完全処理型の水洗トイレ「TOWAILET(トワイレ)」を開発したと発表した。2018年度中に販売開始する予定。販売価格は700~800万円が目標で、年間100台の販売を目指す。

汚物の粉砕技術と処理能力の高い微生物を利用し、排泄物を水とCO2に分解する。汚泥はほとんど発生しないため汲み取り不要。水はフィルターで大腸菌や不純物を除去した上で洗浄水に再利用するため、水の補給や下水道設備も不要となる。システムメンテナンスは年1回程度。

利用場面は、災害時の避難場所となる学校や公園、山岳など環境保全が必要な場所や観光地、人が集中して集まるスポーツイベントや大会、コンサートなどの大型イベント、大型船舶での利用など、さまざまな場所を想定している。

1室タイプと男女2室タイプの2モデルを用意。いずれも処理能力は1日300回で、1回あたりの処理水量は6L。初期投入水量は3.0t。電源は太陽光パネルが1.5kW、リチウムイオン電池が8kWh。消費電力は400W。太陽光パネルおよびリチウムイオン電池のメーカーは現在検討中。

TOWAILET 1室タイプ
(出所:ニシム電子工業)
TOWAILET 2室タイプ
(出所:ニシム電子工業)

 

2018年2月17日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ