水俣市にある残渣プール跡地で7.8MWのメガソーラー稼働

熊本県水俣市塩浜町の廃棄物最終処分場跡地(旧八幡第2プール)に出力7.773MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「水俣市塩浜メガソーラー発電所」が、11月16日から発電を開始した。

発電事業の主体は、オリックスグループのキューコーリース(福岡市)と九電工が共同出資する特定目的会社(SPC)、水俣エターナルエナジー(福岡市)となる。

初年度の発電量は870万kWhを見込み、これは一般家庭約2400世帯分に相当する。太陽光パネルは京セラ製、パワーコンディショナー(PCS)は日立製作所製を採用した。発電した電力は九州電力に全量売電する。買取価格は40円/kWh。

総事業費は28億円。事業期間は20年間。チッソの事業会社JNCの所有する残渣プール(廃棄物最終処分場)の跡地8万7383m2を賃借した。維持管理は九電工が行う。

 

2017年11月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ