水上に太陽光パネルを浮かべる

 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の施行以降、日本各地で太陽光発電所が開発され、次第に条件の良い用地が減りつつある。そんななか、池や湖、ダムの水面にパネルを浮かべる水上型太陽光発電所の開発が盛んになりつつある。

 農業用などの溜め池や、大雨の際に川の氾濫を防ぐ調整池など、太陽光発電所の候補となる水上のほとんどは、地方自治体や地域の団体が所有・管理している。

 

2016年11月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ