株式会社セレスポ、再生可能エネルギー100%の電力を使用開始

イベント制作会社の株式会社セレスポ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:稲葉利彦)は、本社をはじめ、全国12拠点において再生可能エネルギー100%の電力の使用を開始します。
使用する再生可能エネルギー100%の電力は、みんな電力株式会社が提供しているブロックチェーン技術※1を利用した電源特定サービスにより、主に三重県多気郡明和町の明和町斎宮きららの森太陽光発電所の電力を使用します。今回の切り替えによる温室効果ガス排出量の削減効果は229.92t/年となります。
セレスポは、2016年11月に認証取得した「ISO20121:イベントの持続可能性に関するマネジメントシステム」に基づき、企業活動およびイベント制作において「SDGs(持続可能な開発目標)」への取り組みを進めております。今回の再生可能エネルギー100%電力の使用開始は、セレスポ自身の取り組みとして、「目標 7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに」に該当数する活動となります。今後も各拠点の状況に合わせて、順次再生可能エネルギーへの切り替えを進め、脱炭素社会を促進するための取り組みに挑戦していきます。

 

2019年9月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ