東電 原発事故の賠償金額を7兆円余に改訂 7月28日 16時54分

東京電力は、除染費用などを上積みすることで原発事故の賠償金額をこれまでより1兆円増やし、7兆円余りにするとした事業計画の改訂について、28日、政府から認定を受けました。
東京電力は、政府が出資し経営を監視している「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」と共に、原発事故の損害賠償や廃炉対策の強化を盛り込んだ事業計画の改訂をまとめ、28日に認定を受けました。

 

2015年7月29日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ