東芝エコキュート、太陽光の余剰電力を風呂の沸き上げに使える新機能

東芝キヤリア(神奈川県川崎市)は、太陽光発電の余剰電力を効率よく風呂の湯沸かしに使う機能を搭載した「家庭用エコキュートESTIA」6シリーズ計47機種を3月15日から順次発売する。

従来のエコキュートは主に夜間電力を利用してお湯を沸かしていたが、今回の新シリーズには昼の時間帯に太陽光発電の余剰電力を使って沸き上げ運転ができる「昼の運転予約」機能を搭載。翌日の天気予報を確認して余剰電力の発生が予想される時間にあわせて、沸き上げ開始時刻と運転時間を30分刻みで設定できるほか、ライフスタイルにあわせて電力をお湯の沸き上げに自家消費することも可能。

清潔な「銀イオンの湯」が付いたプレミアム、ハイグレード、求めやすい価格のスタンダード、ベーシック、機能を絞った給湯専用モデルを用意。70万8000円〜。

●ニュースリリースはこちら

住宅ビジネスに関する情報は「新建ハウジング」で。試読・購読の申し込みはこちら

 

2019年2月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ