東芝、リチウムイオン蓄電池の新工場を横浜に建設 投資額は162億円

東芝(東京都港区)は10月16日、電気自動車(EV)や電力用途などに今後の市場拡大が見込まれるリチウムイオン二次電池について、同社グループの生産体制を強化するため、新工場を建設することを決定した。

この新工場は、リチウムイオン電池「SCiB™」の製造・販売を担う東芝インフラシステムズ(神奈川県川崎市)の横浜事業所(神奈川県横浜市)内に建設する。投資金額は、建屋と設備で162億円。建屋は鉄骨造3階建で、延床面積27,000平方メートル。新工場は、今後の国内外での事業拡大を前提に、製品・製造にかかわる技術等の開発も担う拠点として位置付ける予定。着工は2019年7月、稼働は2020年10月を予定している。

 

2018年10月19日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ