東北電力と新潟市が連携 小・中学校の太陽光発電+蓄電池でVPP実証

こちらをクリックすると拡大します
東北電力(宮城県仙台市)と新潟県新潟市は4月17日、環境負荷の抑制や地域の防災力強化を目的に、仮想発電所(バーチャルパワープラント/VPP)を活用した再生可能エネルギーの有効利用に連携して取り組むと発表した。
今回の取り組みでは、東北電力がこれまでに実施してきたVPP実証プロジェクトで得られたノウハウ等を活かし、新潟市の保有する太陽光発電設備と蓄電池を遠隔監視・最適制御する。
具体的には、太陽光発電システム(出力10kW)と蓄電池(容量15kWh)が設置されている新潟市内の小中学校5カ所を対象に、東北電力のVPP実証プロジェクトのシステムを用いて、太陽光の発電電力量や蓄電池の残量などを常時監視する。また、防災機能を損なうことなく、各学校の電力の使用状況などを踏まえて、太陽光発電設備や蓄電池を最適に制御する。
これを踏まえ、電力需給バランスの調整機能としての活用や、太陽光発電の余剰電力の有効活用、設備管理の効率化、蓄電池の長寿命化などに連携して取り組んでいく。具体的な検証期間は、4月17日から2021年3月31日までの2年程度を予定している。
なお、東北電力は2月に、新潟県と「包括連携協定」を締結している。エネルギーの有効利用や環境負荷の低減等に向けた、新潟県内におけるVPP実証プロジェクトの実施は、その施策のひとつにあげられている。

 

2019年4月22日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ